青い鳥探しinメルボルン


オーストラリア、メルボルンでの私の幸せの青い鳥探し日記。クラフト&ファッションを中心に日常で起こったHappyな事を書き留めます。
by shiawasebird
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ナプキン。

今朝、幸いにも毎月来る「生理」がやってきた。
私の「生理」さんはいつも何日か遅くやってくる。
心配性の私は、来そうな日の何日か前から薄めのナプキンを着けて置くのですが、今回の生理は1週間ほど遅れてきた。(学校のストレスかな?)=7枚ほどのナプキンを無駄にした。

昨日はポーッとそんな汚れていないナプキンを捨てる自分について考える。
女性の生理が始まるのは12歳とか?終わるのは50歳とかかしら?
35年間ぐらい生理があるとして、1年に12回、20枚のナプキンを1回の生理に使ったら、、、人が一生に使うナプキンの量ってすごいな!

生理用ナプキンは大体プラスチックの袋に1個ずつ包まれて、ぺろんってはがすのもプラスチックで、漏れないようにプラスチックで下がコーティングされてて、コットンらしき綿みたいなのはおそらく合成繊維との混合。
=すごい土に戻りにくい物なのでは?

一度考え出したら止まらなくって、埋立地に自分の使い終わった生理ナプキンが蓄積されていく姿が浮かぶ。三角に山積みに。
そしてそれは自分がこの世から居なくなっても、土に戻らないで残り続ける。
恐ろしい、、、、。
私の体から出る物質ごときに、こんな大それた事を、、、。


来月生理が来るときは日本に居るはずなので、布ナプキンデビューしたいって思ってます。
日本はそういうのすごい広がってるからいいね。
オーガニックコットンのを買うんだ。

f0198524_719118.jpg


つけてて気持ちも良さそうだし、山積みになった使い捨てナプキンの夢はもう見ないで済みそう。

布ナプキンの情報ある方、色々教えてくださいー。
[PR]
by shiawasebird | 2008-11-24 07:28

欲しいもの。

メルボルンは恵みの雨、雨、雨。
今年一番の降水量じゃないかって言うぐらい。
そしてお天気は、真冬に戻ってしまったかのように寒い。

月曜に控えているテストの事はそっちのけで、色々やりたいことや、欲しい物の事を妄想してはニヤニヤしてます。
日本の帰国まであと1ヶ月もないし。そっちのオーガナイズもそろそろ始めないと。

やりたいことは、やっぱり小物作り。
コンセプトとかをしっかりしておいた方が後で動きやすいと思うので、そこから考え始めてます。
ブランド名とかロゴとかも。

欲しいものは、新しいパソコンとカメラ。
今使っているパソコンは、今にも壊れそうで、、、。もう限界です。
フォトショップとイラストレーターも入れたいので大きい早いのが欲しい。
カメラも今使っているイクシーが今にも壊れそう。フラッシュたくと煙が出るんですが大丈夫でしょうか??汗。
キャノンのKissが欲しい。
もう、色々欲しがるのは卒業したいけど、コレは自分への投資なので許してください。

f0198524_10315726.jpg




今回の帰国は忙しくなりそう。

実家について2日ほどカメラを買ったりなんかして過ごし、そこから京都、大阪、奈良、神戸、広島を2週間で回って、大晦日あたりに実家に戻り、家族と正月を過ごして、セールを少しみて、親族の入籍があって、4日間北海道に行って、生地屋を回り、友達と出来るだけ会うつもり。

ふー考えただけでも忙しそう。
充実した旅行になるといいな。健康には気をつけて過ごさないと。

ところで、木曜日に行って来たスプラウトコミュニィティーマーケットで購入した小さな女の子達が手作りしたスティック(何に使うのかよく判らないけど)。
癒されます。
色使いもすごく良い感じ。エミューらしき鳥の間抜けなクォーキーな感じもまた良い感じ。
勉強机のペン立てにさして飾ってます。

f0198524_1050127.jpg

[PR]
by shiawasebird | 2008-11-22 10:53

GORMANプレゼンテーション

1年目の最終課題、GORMANのプレゼンテーション今終えてきました。

先生達は皆すごくポジティブなコメントを返してくれたし、私も今までで一番良いパフォーマンスが出来たよ。

英語が母国語でない私にとって、プレゼンテーションは一番の難関。
他のグループの子達の努力を水の泡にしないか心配だったけど、大丈夫だったと思う。

1年間すごく早かったな。イラストレーターもフォトショップも使えるようになったし、自分でもすごく成長したと思います。
年をとるごとに学ぶ事が楽しくなってくる。

私の作ったブローチも先生に誉めてもらえて良かった。
GORMANからの参加者が今日は居なかったので(リサは妊娠していて、今週末が予定日らしい)ブローチはマーケティングの先生MS YUPPINGにあげよう。

f0198524_9503335.jpg


箱に入れてラッピング
f0198524_952366.jpg


服につけるとこんな感じ
f0198524_952596.jpg


さあ、後は来週のテストに向けて勉強して、2ヶ月間いっぱい自分のしたいことしよう!
[PR]
by shiawasebird | 2008-11-19 09:56 | School

ベジパッチ

先週から今日にかけて、アサイメントの締切日と、テストが重なりかなり忙しかったです。

今年で一番忙しかったかも。

今日、一個テストを終えて、残すは最終プレゼンとアクセスのテストのみ!!
がんばるべー!!

さて、この間野菜畑の事を書いてからあまり月日は経っていませんが、野菜たちさらにすくすく育ってます。

今年、一番嬉しいのは、白菜が大きく育ってる事。
今年で3度目のチャレンジですが、毎年縦に伸びちゃって、菜の花になっちゃうの。
でも今年の白菜は何かが違う!
きちんと巨大化して(本当に大きい)丸まって白菜の形になりそう。
毎日ドキドキです。
鍋が出来る日も遠くない!丸まれ丸まれ~。

f0198524_14442552.jpg


さやえんどうも花が咲き出しました。
収穫もあと1~2週間で出来る様になるかな?

f0198524_14455387.jpg


今年、初めて植えてみたアスパラガス。
苗がまだ未熟で太いアスパラが出来ないから、こうやってほったらかしてます。
こうすると、大きく開いた葉っぱから栄養分が根に移って、来年しっかりしたアスパラが取れるんだって。
アスパラの周りには、パクチョイ、きゅうり、さやいんげん、自然に生えてきた強力トマト、チリ、オレガノ。
かなり込み合ってます。
大丈夫だろうか、、、。

f0198524_14495672.jpg


この前、大きくなったチャイニーズブロッコリーを収穫しました。
ごま油の入ったお湯で湯がいて、オイスターソースをかけて。
飲茶で頼める、中華料理。
少し苦味があっておいしかったよ。
[PR]
by shiawasebird | 2008-11-11 15:08 | Melbourne Life

シルクのお話 つづき。

思い描いてるブローチのパーツが見つからなくて、ブローチ作り進んでません。

今日はシルクについて。

シルクはご存知カイコの吐いた繭から取った繊維を糸にしたものなんですが、繊維の部類に分けるとNatural Protein Fiberの中に入ります。

自然のプロテインから出来た繊維。(そのまま)
ウールとかと似通った感じ。動物産。

日本では弥生時代から作られていたんですって。
現在の主な原産国は中国、インド、東南アジア(タイとかベトナムとか)。
日本も伝統は薄れてきてしまっているけど、シルク作ってます。

f0198524_1614570.jpg


カイコは桑の実を食べて育ちます。←実じゃないね。葉っぱだった。すまんすまん。(なぎぃちゃんからのご指摘!)
桑は結構強い植物なので、早く育つし農薬とかもあんまりいらない。=環境に優しい。
繊細なカイコは静かな暗室ですくすく育ち、大きくなると自分で繭を作ってさなぎになる準備をします。

やっと一息、自分のお家を作って蛾になって羽ばたく準備が出来ました。
って頃に、乾燥オーブンに入れられて繭ごと焼かれます。
空に飛び立つ事も出来ずに、、、。

私は、コレが悲しくてしょうがありません。
穴を開けて逃がしてから乾燥するとか出来ないのかな?
大量生産だし、繭を痛めるから無理か、、、。

サステイナブルExpoで、ラオスのシルク団体が、
私達はこの焼かれた蛾をたんぱく質として家畜の肥料に混ぜてます。
って言ってたけど、カイコを殺さない方法を開発してくれー。

美しいシルクを作る為に、たくさんの命が犠牲になってるんだなと思いました。
シルクを着るときはカイコに感謝しよう。

今回作ってるブローチ、犠牲になったカイコたちが誰かの幸せの元になれればいいという思いがこもってます。
そしてデザイナーのリサに「カイコの事、考えてあげてね。」という思いも。

あと、シルクはドライクリーニングがお手入れの基本。=環境に良くない。
私は強いケミカル嫌だから、自分で手洗いしたり、洗濯機に突っ込んだりしてるけど、、、。本当は良くないらしい。というか、タブーらしい。
べつに平気だけどな?

いつも思うのが、環境に優しいテキスタイルを作るのは難しいということ。
何かがよければ、何かが悪くて、I can't win!っていう感じ。

新しいシルクに変わる繊維として
スパイダーシルク=くもの糸から取った繊維。くも可哀そう。
シルク・ラテ=牛乳からとった繊維。名前が可愛い。
なんてのもあるらしいよ。
[PR]
by shiawasebird | 2008-11-05 16:28

シルクのお話。

学校1年目の最終課題はGORMANというブランドのマーケティングレポートのプレゼン。

デザイナーのリサ・ゴーマン自らプレゼンに出向いてくれるかもしれません。

レポートは90%完成。
あとは、パワーポイントのスライドを作って、プレゼンの練習をするのみ。

私達の服のカテゴリーはシルクドレス。
リサにありがとうの気持ちを込めて何かあげたいな。と思ったので、昨日は素材を探しに町へ。

手に入れたのは、
繭玉。(綺麗に染められたものも売ってました。)
セラシーンを取り除く前のカサカサしたシルク。(糸に加工する前のもの)
繭玉を平らに解いたもの。

f0198524_1381618.jpg
f0198524_1385146.jpg

f0198524_1391822.jpg


蛾が苦手な私にとっては、この作業かなり自分との戦い。
繭の中には蛾の死骸が入っているのです。

で、出来たのがコレ

庭から拾ってきた小枝を入れ込んでセラシンシルクを編んだ’小鳥の巣’。
そこに繭玉を入れるとまるで小鳥の卵みたい。

f0198524_13122125.jpg


今日はこの卵に刺繍を施してブローチにします。
この報告は、また今度。

そして、シルクに関するお話も少し書こうと思います。

リサ、喜んでくれるかな?
[PR]
by shiawasebird | 2008-11-01 13:24 | School