青い鳥探しinメルボルン


オーストラリア、メルボルンでの私の幸せの青い鳥探し日記。クラフト&ファッションを中心に日常で起こったHappyな事を書き留めます。
by shiawasebird
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

帰国

帰国まで残すところ4日となりました。

早朝の出発なので、メルボルンで過ごす時間はあと丸々3日。

用意するものとか考えてるんだけど、何を持っていったらいいのか判らなくって。
2泊3日の国内旅行となると持って行くものはすぐに考え付くんだけど、長期滞在となると迷ってしまう。

しかも今回は驚異の円高$1が60円。
何でも2倍掛かると思わなきゃ。
コンビニの¥500の弁当が¥1000掛かるのか、、、、。高い。

買いたいものも一杯あるけど制御しないとな。

とりあえずセールになったら、質のいい長く使えるシンプルなバッグと靴を買いたい。
あと、家を土足禁止にするので無印の洗えるスリッパ。
後は手芸道具と手芸の本。

そんなところかな。

メルボルンでは安く、可愛いヨーロッパ風の古着が手に入るので、服はあまり買わないつもり。
温かいニットがメルボルンでは手に入りにくいので、古着と合いそうなのが欲しいかな。

今回は、帰国前なのにすごく落ち着いてる。
いつもは楽しくてそわそわしてしょうがないのに、フシギ。

1年と8ヶ月帰っていなかったけど、その間すごく忙しかったからかな?
メルボルンの良さが見えてきたせいもあると思う。

1ヶ月日本で過ごして、メルボルンに帰ってきたときの心境がどうなるか気になる。
いつものように、ホームシックに掛かって泣いて過ごすのか、それとも大丈夫なのか。
むむむ。

今日は、荷造りをしていて、本当に何を入れていいか分からなかったので、ハチをつれてメリークリークにカワセミを探しに行って、野うさぎと遭遇し、木に生えていた赤い木苺っぽいのを食べてみて(鳥がくわえて行ったので毒は無いはず?)それから家に帰って、意味無くワンピースを作り出しました。
今日はパターンの写しだけで終わったので、帰国には間に合わなそう。
せっかく冬用の生地で作ろうと思ったのに残念。
出来たら、アップするよ。
[PR]
by shiawasebird | 2008-12-14 22:19 | etc...

MINIムツゴロウ王国。

今日は1年に1回のS氏の会社のクリスマスパーティー。

私は知らない人がたくさん集まる大きなパーティーが苦手で、去年は仮病を使って欠席しました。(小学生並み)
でも、今年はS氏に社会性を身に付けた方が良いと叱られたので、仕方なく参加。

家から車で30分。
タラマリン空港の近くのおっきなレセプションに到着。
そこには私の目にキラリンと光るものが!

子供用のアニマル大国。中には色んな動物の赤ちゃんがー!!

心のドキドキを押さえ、とりあえず、室内に入り、テーブルに着き、ランチを食す。
会社の人と30分ほどおしゃべりをしてから、「トイレに行ってきます」と言って
そそくさと席を立ち私が向かった場所は、、、

もちろんアニマル大国!

2,3才の子供達が遊ぶ、4m四方のケージの中にお邪魔しまーす。
私1人だけ大人。

中に居たのは、子牛、子ヤギ、子豚、子ラマ?、子羊、ひよこ、ターキー、ダック。

子ヤギを膝に乗せてパット出来たり、子牛に髪の毛を牧草と間違えて食べられたり、ひよこに足をつつかれたり、、、、あーしあわせー。
子豚がダックと遊びたくて追い掛け回したり、ターキーが子供達を威嚇したり、子牛がウンコしたり、ラマが変な顔で牧草食べたり。ぷぷっと笑ってしまう事多々アリ。
色んな事が1m至近で見られて、スッゴク楽しかった!

f0198524_17131749.jpg
f0198524_17141693.jpg
f0198524_17152884.jpg


誰よりも、長居している(1時間ぐらい中に居た)怪しい大人(私)を追い出しもせず、寛大に見守ってくれた飼育員のお兄さんありがとう。

そんなわけで今年も、人間との社会性はあまり身に付きませんでした、、、。
[PR]
by shiawasebird | 2008-12-07 17:18 | etc...

幸鳥、度肝を抜かれる。

メルボルンの住民は何でも自分でやる。

畑は家に作るし、家も自分で作るし、車も自分で組み立てるし、とにかく何でも手作り。

メルボルンに初めてきたときは、70歳になるであろうS氏のお父さんが家の家具を全部自分で作り(衣装ダンス、ダイニングセット、テレビ台その他もろもろ)お母さんがだだっ広い家のカーテンやベットカバーなどを全部自分で作っているのを見て驚いたっけ。
しかもクオリティーはかなり高い。高級家具ばり。

今日は、はちみつちゃんの1年に1回の予防接種だったので、歩いて15分のVETまで連れて行きました。
通りがけには、いつも「野菜畑が立派だなー。」と関心させられている角地の民家があるの。たぶんこの家族はイタリアン。
トマト、ズッキーニ、かぼちゃ、なす、などなど家の前庭に所狭しと野菜たちが並ぶ。

家庭菜園のお手本のようなこの民家のお庭に今日は2段の引き出しが捨ててあった。
写真の右側にそっくりなやつ。色もピンクとブルーで可愛く塗ってある。

f0198524_1994489.jpg


「なーんでこの人たち、こんな庭の真ん中に引き出し捨ててるんだろう??」
と思いよくよく見ると、、、、。

大量のハチが出入りしている、、、、、。

オーマイゴッド!!これはもしや自家製養蜂場ではないですか???!!!
山田養蜂場顔負けの、小さな養蜂場がこんな普通の民家に設置されているとは。
ハハーって感じでした。

この人たちはハチミツまで手作りしてるのね。恐れ入りました。

今度、オバちゃんが居たら絶対にお話したいと思ったのでした。
[PR]
by shiawasebird | 2008-12-04 19:23

美味しいものと節約ワザ

今日は朝からエクセルとにらめっこ。

家計の見直しです。

メルボルンに来てから4年半。
始めのうちはコントラクトやらなんやら、英語がわからなくて不安と言う理由で全部S氏にまかせっきりだったのですが、もう私の英語は大丈夫なはず。
来年からは家計を見れる主婦になります。

日本と比べて、メルボルンは食費がかさむ気がする。
お夕食は1匹100円の秋刀魚とお味噌汁と野菜の副食を一品。
なんて事には行かないのですよ。
魚はスーパーで買えば1人分$8はするし、野菜も高い。

さらにS氏は偏食なので、日本食は食べないし、肉は絶対食べないと行けないし、、、。
作る方は大変。
私はベジタリアンな方なので、肉を使う料理と両方作らないといけない。
この2人の食の違いをどうするかが2009年のキーポイントになりそう。

S氏が食べてくれるか、明日はベジタリアンラザニアにしようと思ったので、今日はその仕込み。
お昼から、パスタ作り。
生パスタは結構高いし、S氏は乾燥パスタを食べないので自分で作りました。
材料は粉、卵、オイル、塩だけなので結構簡単に作れちゃうパスタ。
家にセモリナ粉が無かったのでブレッドミックスで作ったけどどうだろ?

ついでにトマトペーストを混ぜ込んだ赤いのも作って、フィットチーニとラザニアと両方作ったよ。

f0198524_16492870.jpg


節約になるし、市販のより美味しいし、時間があれば一杯手作りしたいな。
[PR]
by shiawasebird | 2008-12-02 16:52 | Melbourne Life

ポカポカ陽気とカワセミ祭り

うちの目の前にはメリークリークという小川が流れてます。
木が茂り、ネイティブの花が咲き誇り、サイクリングを楽しむ人や、犬や赤ちゃんを連れてお散歩を楽しむ人たちに大人気のこの小川。

ココに、カワセミが20年ぶりに戻ってきたというお祭りが土曜日開かれました。

お友達であり、生き方のお手本であるOちゃん、Tちゃんと共に小さなお店を出店しました。
3日ほどしか製作の時間が無かったので、私が作ったのは小さなポーチと髪飾り、あとはカード。
カードはインドの手漉き紙で作ったのですが、この紙、木を一切使用しないで、洋服の工場から出る布の切れ端を集めて作ってるんだって。
私には耳寄りなすばらしい紙!こういう服のリサイクル方法があるんだね。

工作の要領で、型紙を作ってトレースしてはさみでチョキチョキ。
20枚ぐらい作ったら手が腱鞘炎みたいになった。

f0198524_10302829.jpg


コミュニティーガーデンで行われたので、それをイメージして
カワセミとアーティチョークとタマネギとニワトリさん。

紙もコットン100%、麻&ワラ、藻の3種類。

お祭りは子供からお年寄りまで集まって、皆芝生でごろごろしたり、工作したり、音楽を楽しんだり。
アボリジニーの方の手話講座もあったりなんかして盛りだくさんの内容。

途中、皆でカワセミダンス。
オス、メスに分かれてモーニング娘よろしく、フゥウフゥウ♪とお互いを呼び合ってチキンダンスみたいなのをするの。
写真はメスチーム。
コレを皆、本気で楽しんでやっている。
シャイな日本人はこういうの出来無そう。
私は参加したかったけど、お店を見なきゃいけないので我慢。

f0198524_10413449.jpg


ポカポカ陽気の中行われたこのお祭は、時がゆっくりと流れて、皆もゆったりしていて、とても気持ちの良いものでした。生きるうえで何が大切か、またヒントを一つ手に入れられた気がする。
[PR]
by shiawasebird | 2008-12-01 11:05